2014年受賞作品 2014年リフォームデザインコンテスト

リビングダイニング
一覧に戻る

我が家の階段下は3WAYマジックな空間

株式会社光テックイメージ
担当者 夕部 美子
お電話でのお問い合わせ
TEL:088-833-0369 会社紹介

施主様ご要望:リフォームの動機

築30年以上経った井田様邸。設備機器、内装ともに老朽化し、退職を機に、第二のライフスタイルを楽しまれる為にリフォームを決意されました。1.階段を残して一階を全面改修したい。2.日当たりが悪いので内装を明るくしたい。(奥様:紫色が大好き!)3.ご主人が撮り溜めた大量のビデオを収納する場所が欲しい。4.ダイニングテーブルは場所を取るので置きたくない。5.リビングとダイニングは空調の関係で間仕切りをしたい。

プラン決定のポイントと工夫

1階のど真ん中に階段があり、撤去できない柱が2本ありました。階段下のスペースをフラットにしないで、小上がりの畳スペースにする事によって①寝転んでテレビが観る事が出来る空間に②ダイニングカウンターの下に隠れている折りたたみテーブルを引っ張り出して、たまに来られるお母様が腰掛けて食事が出来る空間に③畳下はご主人様の撮り溜めたビデオを収納出来るよう引き出しを設けました。またロールスクリーンとアコーディオンカーテンとアクリルパネルを組み合わせて、圧迫感が無いようにリビングとダイニングを間仕切りしました。奥様が大好きな紫色を取り入れて内装を提案。ダイニングカウンター前の壁は、あまり絵などを掛けられたくない奥様の為に、クロスを張り分けして、シンボルウォールにしました。

施主様ご感想:満足度など

『そんなに広くない面積の中で、尚の事、階段下をフラットではなく、小上がりの畳スペースにする事で、凄く狭くなるのではないか?』と思いましたが、いろいろなシーンで階段下が活躍出来る場になって良かったです。ダイニングテーブルを置かない事で、ダイニングスペースにマットを敷いて、趣味のテラピスをしています。また大好きな紫色に囲まれて幸せです。

性能向上の特性 劣化対策・省エネ・バリアフリー

選択した性能向上の特性で特に配慮した点

『リビングとダイニングを間仕切りされたい。』とのご要望に対して、建具や壁で間仕切りするのではなく、アクリルパネルやロールスクリーン、アコーディオンカーテンで圧迫感が無いように手軽に間仕切り出来るよう工夫しました。

リフォーム概要イメージ

リフォーム概要

高知県 井田様邸
家族構成 夫婦
間取り リビング・ダイニング・キッチン→LDK
築年数 30年
住宅形態
費用 600万円
リフォーム面積 43m²
リフォーム箇所 リビングダイニング

リフォーム前

階段下イメージ
▲階段下

リフォーム後

階段下イメージ
▲階段下
キッチン・ダイニングイメージ
▲キッチン・ダイニング
リビングイメージ
▲リビング
リビングイメージ
▲リビング

間取り

Before

Beforeイメージ
▲リビング・ダイニング・キッチン

審査員からのコメント

家のほぼ真中にある階段。新築時には効率的なプランも、大空間を作るようなリフォームでは厄介になりがちである。この作品では、階段下を思いきって開けて視線の通りを良くしただけでなく、小上がりを作る事で、移動の途中で誰もがちょっと腰掛け、寝転びたくなる気持ちにしてくれる。窓を開け放せば、南国の風も気持ち良く吹き抜けていくのではないか。こういうアイデアは頭ではなく、体で発想するのだろうか、説得力がある。

会社データ

会社名 株式会社光テック ホームページはこちら
本社所在地 〒780-8019 高知県高知市北竹島町363 マップを見る
営業時間 8:30~17:30(定休日/日曜・祝日、第2第4土曜日、夏季休暇、年末年始休暇)
対応可能エリア 高知県(一部地域を除く)
支店・営業所
お問い合わせ
お問い合わせフォームへ

株式会社光テックに直接届きます。

TEL:088-833-0369
FAX:088-833-0717
会社概要

[設立]昭和39年2月
[資本金]4,700万円
[代表者名]弘内 喜代志
[従業員数]9名
[建設業許可番号]高知県知事(特定建設業-28)第4387号

ページトップへ