2016年受賞作品 2016年リフォームデザインコンテスト

新人賞
一覧に戻る

子供たちと心地よく住み続けられる家に

西日本ホーム株式会社イメージ
担当者 武永絵理
お電話でのお問い合わせ
TEL:0852-61-0777 会社紹介

【施主様ご要望:リフォームの動機】世代交代で母屋を譲り受けることになった若夫婦だったが、古くて寒さや暗さが辛く、構造的な不安もあったため新築も検討しておられた。しかし、祖父の代から住み続けている母屋を放置したくないという想いから、元気な三兄弟と安心して快適に住み続けられるようなリフォームをしたいとご要望された。

【プラン決定のポイントと工夫】元々のダイニングはお子様と奥様が宿題をしたり遊んだりするコミュニケーションの場だった。そこで、大きなテーブルが置ける広いダイニングをメインとして間取りを考えた。子供達も気兼ねなく過ごせるように、お客様動線と家族動線を間仕切り建具で分けられる回遊式のプランにした。

【施主様ご感想:満足度など】以前は外と同じくらい室内が寒かったが、室内にいると外の寒さがわらないほど温かく過ごせるようになった。ダイニングにみんなで掛けることのできる大きなダイニングテーブルを置くことができた。子供室が1階にできたので子供たちも喜んでいる。

【性能向上の特性】劣化対策・耐震性・維持管理・可変性・省エネ・バリアフリー

リフォーム概要イメージ

リフォーム概要

島根県 E様邸
家族構成 ご両親、ご夫婦、お子様3名
間取り Before 7DK+納戸 → After:6LDK+納戸
築年数 70
住宅形態 木造2階建
費用 1500万円
リフォーム面積 172m²
リフォーム箇所 一邸全面リフォーム

リフォーム前

リフォーム前の写真イメージ
▲リフォーム前の写真

リフォーム後

リビングとダイニングは建具で間仕切ることが可能。対面キッチンに残った柱は元々の家を思い出せる良いアクセントに。イメージ
▲リビングとダイニングは建具で間仕切ることが可能。対面キッチンに残った柱は元々の家を思い出せる良いアクセントに。
家族の様子が見渡せる対面キッチンで、子供たちと会話しながら家事を行えるようになった。イメージ
▲家族の様子が見渡せる対面キッチンで、子供たちと会話しながら家事を行えるようになった。
家族用入口(勝手口)に靴収納を新設。散らからない工夫。イメージ
▲家族用入口(勝手口)に靴収納を新設。散らからない工夫。
サッシを半樹脂サッシへ取り替えて面積を減らし、耐震の為に壁を増やした。イメージ
▲サッシを半樹脂サッシへ取り替えて面積を減らし、耐震の為に壁を増やした。

間取り

Before

Beforeイメージ
▲リフォーム前の平面図

After

Beforeイメージ
▲リフォーム後の平面図

審査員からのコメント

元気な子供3人のいる親子7人家族。古い住宅は寒さ、暗さと構造的不安がつきもの。これを家族の要求を入れつつリーズナブルな費用で解決するのは中々大変。耐震の配慮も欠かさず、断熱改修している。

会社データ

会社名 西日本ホーム株式会社
本社所在地 〒690-0049 島根県松江市袖師町2-32 マップを見る
営業時間
対応可能エリア 島根県(一部地域を除く)
支店・営業所
お問い合わせ TEL:0852-61-0777
FAX:0852-61-0776
会社概要
ページトップへ