2017年受賞作品 2017年ジェルコ リフォームコンテスト

リフォーム優秀賞
一覧に戻る

太陽と月明かりの下での憩いの20年~天井裏に込めた思い~

株式会社土屋ホームトピアイメージ
担当者 髙宮和也
お電話でのお問い合わせ
TEL:011-896-3302 会社紹介

【施主様ご要望:リフォームの動機】◆居間と水廻りを改修したいが天井が異常に低くて暗い。吹抜けにして2階窓からも光を取り入れたい。◆夏の冷房は使いたくない。冬は寒い。◆子供が家を受け継いでくれるかがまだわからない。そのため、コストにも配慮し最小限の工事範囲で私達夫婦が今後20年、楽しく明るい環境で暮らせるようにして欲しい。

【プラン決定のポイントと工夫】吹抜けにすると居間の気積が大幅に増え、かつ三面が未改修区画に接するため暖房効率が落ちる。そこで吹抜けではなく気密性の高い中空ポリカにて天井を構成。天井裏全体を空気断熱層として活用し天然の光天井としたことで採光も均等な照度とした。

【施主様ご感想:満足度など】34℃を超える暑い日でも、室内は22℃を維持でき快適で涼しく、照明も不要。隙間風も全く入ってこなく(照明)以上に明るく感じます。夜でも月明かりで天井がぼんやり光ります。

【性能向上の特性】劣化対策・省エネ・バリアフリー

【選択した性能向上の特性で特に配慮した点】2階をなくし積載に荷重の軽減し、土壁も一切撤去しない平面プランにて施工範囲を限定しながら建物耐力を改善(改修前より1.98倍向上)

【設計以上の性能数値】未改修区画からの熱損失が大きい分、ポリカ天井面と屋根外壁面の二重高気密創の構造で快適性を向上(屋根裏外壁面の部分的U値0.24で設計)

リフォーム概要イメージ

リフォーム概要

福島県 三留様邸
家族構成 夫婦+子供1人
間取り 3DK→2LDK
築年数 62年
住宅形態 木造土壁造2階建て
費用 350万円
リフォーム面積 51m²
リフォーム箇所 リビングダイニング

リフォーム前

リフォーム概要

・天井が異常に低くて暗い・冬は寒い・

居間イメージ
▲居間
5月以降は水田で冷えた風が吹き抜ける。(水田の上は実測2.5℃程低い)それを生かしつつ3種換気をすることで、エアコンに頼らないで涼しい環境イメージ
▲5月以降は水田で冷えた風が吹き抜ける。(水田の上は実測2.5℃程低い)それを生かしつつ3種換気をすることで、エアコンに頼らないで涼しい環境
既存2階イメージ
▲既存2階

リフォーム後

リビングイメージ
▲リビング
天井裏は気密シートのアルミ地を活用し、素材の乱反射を最大限利用したイメージ
▲天井裏は気密シートのアルミ地を活用し、素材の乱反射を最大限利用した
天井裏の窓からの取得熱の排熱をするための居間→天井裏→外部への排熱経路を設置イメージ
▲天井裏の窓からの取得熱の排熱をするための居間→天井裏→外部への排熱経路を設置
天井表面と断熱した壁面の温度差は1.8℃程度(換気扇稼働時)イメージ
▲天井表面と断熱した壁面の温度差は1.8℃程度(換気扇稼働時)

間取り

Before

Beforeイメージ
▲3DK

After

Beforeイメージ
▲2LDK

天井裏全体を空気断熱層として活用

審査員からのコメント

技術と能力の結晶、エコハウスの誕生。光天井は柔らかな空間を作り出し、考えつくされた技術が、コストダウンを可能にしました。南側の玄関横トイレは何としても残念。

会社データ

会社名 株式会社土屋ホームトピア ホームページはこちら
本社所在地 〒004-0022 北海道札幌市厚別区厚別南1-18-1 マップを見る
営業時間 9:00~19:00(定休日/水曜日)
対応可能エリア 北海道、 青森県、 岩手県、 宮城県、 福島県、 東京都、 神奈川県、 長野県(一部地域を除く)
支店・営業所
お問い合わせ TEL:011-896-3302
FAX:011-896-3065
会社概要

[設立] 1982年(昭和57年)6月21日
[資本金] 2億円
[代表者名] 代表取締役社長 菊地英也
[年間売上] 3,267百万円(2010年度)
[従業員数] 114名(契約社員及びパート社員36名を除く)(2010年11月1日現在)
[建設業許可番号] 国土交通大臣許可(般-25)第19582号
[資格保有者] 一・二級建築士、管理建築士(全支店)、増改築相談員、増改築相談指導員、インテリアコーディネーター、ファイナンシャルプランナー、他
[提携ローン] 東芝ファイナンス、JACCS,他

ページトップへ