2018年受賞作品 2018年ジェルコ リフォームコンテスト

キッチン
一覧に戻る

森林浴の中のキッチン

株式会社CONY JAPANイメージ
会社名 株式会社CONY JAPAN
担当者 翁川博美
お電話でのお問い合わせ
TEL: 
【施主様ご要望:リフォームの動機】
・建売で家をご購入された為、築9年でリフォーム。好みのインテリアが「夢」・使用していない和室と北側の庭を利用してキッチンから続きの間となるバルコニーが欲しい。
・主張しないレンジフードが欲しい。
・DIYが好きなので、綺麗過ぎない味のある仕上げが希望。 
【プラン決定のポイントと工夫】
①天井開口し、構造柱や梁が見える木視率の高いキッチン空間へ。
②ウッドデッキ設置で内と外を一体感のあるものにし、可変性のあるダイニングテーブル配置が出来、空気の流れ、ゴミ捨て等、動線や作業効率UP。
③レンジフードの存在感をグリーンハイキで無くし、インテリア性を追求。
【施主様ご感想:満足度など】
木に囲まれた癒しのキッチン空間が出来て、暮らしのストレスが無くなりました。木の香りを楽しみながら、足場板の棚板に好きな小物を並べる楽しさ。隣接したウッドデッキでホームパーティーや読書、愛犬と過ごす、至福のひと時が得られ、避暑地に来て森林浴をしているような満足感です。
【性能向上の特性】
可変性・省エネ・バリアフリー
【選択した性能向上の特性に配慮した点】
・可変性:内と外との自由な家具レイアウト
・バリアフリー:廊下、キッチン、ウッドデッキへの安全性・動線・効率UP
・省エネ:自然の風、エアコンの負但軽減
リフォーム概要イメージ

リフォーム概要

神奈川県 N様邸
家族構成 大人2人+犬1匹
間取り
築年数 9
住宅形態 木造2階建て
費用 401万円
リフォーム面積 22m²
リフォーム箇所

リフォーム前

①イメージ
▲①
②イメージ
▲②

リフォーム後

③創作意欲の湧くキッチンへ:和室の障子の枠を残して製作した洋風建具イメージ
▲③創作意欲の湧くキッチンへ:和室の障子の枠を残して製作した洋風建具
④木視率の高い自分スタイルキッチン空間イメージ
▲④木視率の高い自分スタイルキッチン空間
⑤イメージ
▲⑤
⑥イメージ
▲⑥
⑦イメージ
▲⑦

間取り

Before

Beforeイメージ

After

Beforeイメージ

1Fの未使用の部屋を活用し、キッチン空間へ。次期工事で旧LDKは、洋室に変更予定。変化し続ける住まい。

審査員からのコメント

向きを変えて少し佇んでみると生まれてくるもう一つのシーン、心が向くままの場所に好みのインテリアで過ごしたい。率直な気持ちが、素直に空間に現れたキッチンです。ウッドデッキとの繋がり、外部のオープンな小屋、木製建具、排気フード等、住まい手の気持ちに添う、細やかな対応が見て取れます。

会社データ

会社名 株式会社CONY JAPAN
本社所在地
営業時間
対応可能エリア
支店・営業所
お問い合わせ
会社概要
ページトップへ