2019年受賞作品 2019年ジェルコ リフォームコンテスト

カムバック賞
一覧に戻る

減災リフォーム~豪雪被害の経験から安全を考える~

喜多ハウジング株式会社イメージ
担当者 キタデザインチーム
お電話でのお問い合わせ
TEL:076-240-1240 会社紹介
【施主様ご要望:リフォームの動機】
平成30年北陸豪雪で家の裏山から木が倒れこみ、家が半壊してしまった。
このままではすむこともできず、古い家ということもあり、新たな二次災害の危険性もあることから早急なリフォームが必要と判断された。
 
【プラン決定のポイントと工夫】
木が直撃しても無事だった「オエ」は自然乾燥により強度が高いといわれる地元の木材を使用しており、頑丈な木材を組む伝統工法の為、土壁と共に粘り強さがある。
家の中で最も安全なオエの空間をLDKとし、その一部に寝室も設けた。
又オエより山側はすべて減築し、裏山と家の距離を十分に確保した。
 
【施主様ご感想:満足度など】
豪雪被害がなければ家に手を入れず、そのまま住んでいました。
予測不可能な自然災害で家の半分を失いましたが、それがきっかけで今回のリフォームを進めることになり、安心して暮らしていける家となり、安堵しています。
 
【選択した性能向上の特性に配慮した点】
仕上げ部分には耐久性の高い自然素材を使用。
壁:漆喰、床:無垢フローリング、天井・外壁:無垢板 など
 
【性能向上で準拠・参考にした数値】
洋室・LDK・寝室・水廻りはエリア断熱等級4の確保
リフォーム概要イメージ

リフォーム概要

石川県 H.M様邸
家族構成 大人2人
間取り -
築年数 115年
住宅形態 在来木造2階建
費用 1850万円
リフォーム面積 90m²
リフォーム箇所

リフォーム前

before①H30年北陸豪雪の際に裏山の木が倒れ、半壊状態となるイメージ
▲before①H30年北陸豪雪の際に裏山の木が倒れ、半壊状態となる
before②2階から見た1階の様子イメージ
▲before②2階から見た1階の様子

リフォーム後

A:二人暮らしに合ったコンパクトな住まいになり、維持管理面の負担も軽減イメージ
▲A:二人暮らしに合ったコンパクトな住まいになり、維持管理面の負担も軽減
B:オエより山側は減築し、家と裏山の距離を十分に確保イメージ
▲B:オエより山側は減築し、家と裏山の距離を十分に確保
C:二人暮らしに合ったコンパクトな住まいになり、オエから山の景色が見えるようになりましたイメージ
▲C:二人暮らしに合ったコンパクトな住まいになり、オエから山の景色が見えるようになりました

間取り

Before

Beforeイメージ

After

Beforeイメージ

会社データ

会社名 喜多ハウジング株式会社 ホームページはこちら
本社所在地 〒921-8062 石川県金沢市新保本3-3 マップを見る
営業時間 9:00~18:00(定休日/水・祝日)
対応可能エリア 富山県、 石川県、 福井県(一部地域を除く)
支店・営業所

●加賀店
〒922-0424 石川県加賀市小菅波町1-147-1
●小松店
〒923-0868 石川県小松市日の出町1-152 
●金沢店
〒921-8062 石川県金沢市新保本3-3
●かほく店
〒929-1177 石川県かほく市白尾ヌ12-2                             
●七尾店
〒926-0816 石川県七尾市藤橋町戌25-1

お問い合わせ
お問い合わせフォームへ

喜多ハウジング株式会社に直接届きます。

TEL:076-240-1240
FAX:076-240-7348
会社概要

[設立]昭和54年3月1日
[資本金]5000万
[代表者名]西谷 清
[年間売上]185000万
[従業員数]53名
[建設業許可番号]国土交通大臣許可(般-29)第24658号
[資格保有者]一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理士、インテリアコーディネーター、AFP、住環境福祉コーディネーター二級
[提携ローン]有

ページトップへ