いまのあなたのお住まいはどんな状況?

 リフォーム内容を決める第一歩は、住まいの現状を把握すること。築年数や過去のリフォーム歴などは、建物の傷み具合を知る目安になる。増改築を考えているなら、建ぺい率や容積率は工事内容を決めるのに必要な情報だ。また、一戸建てではリフォームよりも建て替えてしまったほうがいい場合も。なお、一戸建てなら建築図面、マンションなら間取り図、配管の状態がわかる設備図を管理組合からもらっておくと、工事を依頼するときにスムーズになる。

<チェックポイント>
・形態 :戸建て構造(木造・2×4・プレハブ・他)マンション(RC・壁式構造、他)
・延床面積(m2または坪)、敷地面積(m2または坪)
・築年月(竣工年月) 、過去のリフォーム・補修歴(時期と部位・内容)
・建ぺい率、容積率、その他の規制や問題になる点

画像はイメージです

▲画像はイメージです

ページトップへ