資金計画を立てる

リフォームするなら気になるのがお金のこと。いざリフォームが始まってから慌てないよう、何にどれくらいお金がかかるのか、見積もりでどこまでわかるのか、などをしっかり把握しておこう。リフォーム会社へのアプローチ前に相場は知っておきたい。雑誌やインターネットの実例情報には実際の施工金額が載っているケースも多く、部分ごとにでもだいたいの金額帯を把握することが出来る。ローンを組む場合、一年で返済する金額はだいたい手取り年収の25%と言われている。中古物件購入+リフォームの場合には住宅ローンにリフォーム費用を組み込むことが出来る場合があり、金融機関ごとに金利も違うので調べてみよう。工事の規模によって支払時期に違いがある。小規模だと終了後に一括支払いやクレジットが可能だが全面などの大規模工事だと契約時に何割か、途中で何割かと早い支払になるケースもあり金融機関への相談はリフォームの検討を始めたこの時期に着手しておくべきだろう。

画像はイメージです

▲画像はイメージです

ページトップへ