リフォーム用語集

アフターサービス

一覧に戻る

閲覧された回数:3299

工事が完成し建物を引き渡した後、施工会社や販売会社が、建物の構造、設備の保守点検や、不具合に対する修繕等の便宜を行うこと。

 

請負契約に基づく瑕疵責任の対象となる不具合の修繕は、契約に記載された期間は無料で対応してもらえる。

また2000年(平成12年)4月に施行された品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)によって、新築住宅に関しては、基礎・柱・屋根などの構造耐力上主要な部分や雨水の侵入を防止する部分について、10年間の瑕疵責任が義務付けられたので、これらに該当する部位は10年間無料で修繕してもらえる。

 

また企業によっては、法律による制約とは別に、「3カ月点検」(サッシ・建具の調整等)、「1~2年点検」「5年点検」(基礎・外壁吹き付け・防水シートの点検や玄関ドア・サッシ・室内建具の点検、給排水のもれ点検等)、「10年以降」(基礎コンクリート・外壁・屋根・ベランダの点検等)など、長期間、点検・メンテナンスを行っているところもある。

  • 前へ
  • 一覧に戻る
  • 次へ
ページトップへ