リフォーム用語集

維持管理対策等級

一覧に戻る

閲覧された回数:3312

住宅性能表示制度により、給排水管、ガス管の日常の維持管理をしやすくするための対策の手厚さを示す等級。専用配管と共用配管(共同住宅のみ)とに分けられ、それぞれ等級1~3で表示される。例えば専用配管で、「清掃口及び点検口が設けられている等、維持管理を用意にすることに特に配慮した措置が講じられている」場合には、もっとも高い「等級3」が表示される。

  • 前へ
  • 一覧に戻る
  • 次へ
ページトップへ