リフォーム用語集

内法

一覧に戻る

閲覧された回数:3242

柱や建具など厚みのあるものの内側の寸法。柱間隔や窓・出入り口幅を計測する時に用いられる。建物の有効面積を算出する場合には、壁の内側と内側を測る内法計算で考える。対して、部材等の中心線を基準に測定するやり方を「芯々」(しんしん)、部材等の外側を基準に想定するやり方を「外法」という。

  • 前へ
  • 一覧に戻る
  • 次へ
ページトップへ