間違いのないリフォーム会社選び

チェックリスト

さっそくチェックしてみてください!
チェックが多いほど信頼感の高いリフォーム会社です。

リフォーム会社の基本

建築業許可登録をしているか?

500万円以上のリフォーム工事を行う場合、資格が必要。事業者のホームページで確認できます。

リフォーム工事保険・リフォーム瑕疵保険に加入しているか?

工事中、工事後に水漏れ等の損害が出たら大変。保険に加入していれば安心。

公的な資格をもつスタッフがいるか?

大規模リフォームを依頼する場合、詳細な設計図が必要。

耐震等の構造を変える場合は建築士に依頼出来れば安心。

リフォームに関する主な資格

  • 一、二級建築士
  • 増改築相談員(10年以上の実務経験があります)
  • 一、二級建築施工管理技士
  • インテリアコーディネーター
  • 木造建築士など
ページトップへ

安全・安心を実現するリフォーム会社の基本

得意な工事が明確になっているか?

ご自身の希望工事を得意としている会社であれば安心して依頼できます。

女性スタッフが活躍しているか?

リフォームの豊富な知識を持った女性スタッフが活躍している会社はお客様が気づかないようなきめ細かい提案をしてくれます。

プロとしての提案をしてくれる会社か?

お客様が本当に希望している生活内容をくみ取って適格に提案できる専任のスタッフが揃っていること。

相見積りは価格だけで判断せず、提案力を見ましょう。施工実例の豊富な会社なら提案力があります。

アフターサービスの仕組みができているか?

水漏れや排水のつまりは困ります。

いち早く対応できる仕組みを持っていれば安心。

地域密着型の会社か?

同じ地域で長く営業し、実績が豊富なら安心。

小さな修理でもすぐに対応してもらえる。また、長くお付き合いができる。

ページトップへ

快適で満足度の高さを提供するリフォーム会社の基本

耐熱・断熱・バリアフリー、建物診断の実績はあるか?

これからの住宅は性能の向上が必要なので、施工例の確認が必要。
建物診断に基づく施工管理が出来るスタッフがいなければできません。

行政の補助金事業の活用実績があるか?

各行政機関ごとに様々な補助制度があります。
有効に活用できると大きなメリットになります。

ページトップへ

良い担当者の見分け方の基本

大事なことは担当するスタッフの誠実さです。
経験は大事なことですが以下の点を含めて確認してください。

お客様の要望を粘り強く聴いてくれる人
会話の記録を残している人、それを確認してくれる人
お客様の要望を元にプロとして提案ができる人
リフォームの経験が豊富な人 (新築の経験ではありません)
対応の早い人
家の図面を元に施工について説明できる人
ページトップへ

良い会社の見分け方の基本

信頼できる団体に加盟しているか?

国は生活者が安心してリフォームを行うことができる環境の整備を図るため「住宅リフォーム事業者団体登録制度」を創設しました。
右のマークに加入している会社なら安心です。

ページトップへ