ジェルコの歩み

History

日本住宅リフォーム産業協議会(通称ジェルコ)は、増改築産業に携わる企業の交流をはかるための日本で初めての全国組織として、1983年(昭和58年)に発足。以来、2002年の中間法人化を経て、新たな組織活動を続けてまいりました。そのジェルコ25年間のおもな足跡を辿ります。

1983
  • 日本住宅リフォーム産業協議会設立(東京・駒込)

  • ユーザー向けリフォーム読本発行(以後、5回)

  • ジェルコマークの制定

1984
  • 増改築人材育成講座(70時間)インストラクター、マイスター認定

1985
  • ジェルコローン スタート、工事補償制度 スタート

1986
  • 増改築大学開講(東京・大阪)

  • 増改築経営ハンドブック発行(前・後編)

  • 増改築相談員研修実施団体に認定(以後、毎年全国で開催)

1989
  • ジェルコ児童画コンクール開催(池田万寿夫審査委員長)

  • 第2回ジェルコ児童画コンクール開催(同)

  • 全国実践研究会開催(東京・大阪・広島)※写真は1987年

1990
  • ジェルコ中期ビジョン策定、ルネッサンス宣言

1991
  • チラシ全集(全8巻)

1992
  • 会員実態調査実施(以後、7回)

  • ジェルコデザインコンテスト スタート(以後、毎年開催)

1993
  • 本部事務所移転(東京・日暮里)

  • 10周年の集い(東京・新宿京王プラザホテル)

1995
  • 阪神淡路大震災 ボランティア隊編成

1997
  • 管理組合向け「住戸リフォーム技術の基礎知識」発行

1998
  • 15周年イベント「21世紀は面白い」開催

  • セールスコンテスト スタート ※写真は2002年

1999
  • ホームページ開設

2000
  • インターネット仕入れシステム構築

2001
  • 「21世紀のリフォームビジネスはこうなる」発行

  • ITまつり開催 ※写真は IT FESTA 2003

  • 「リフォームビジネス大予測」発行

  • 「リフォーム事業と産業廃棄物対策」発行(写真:右上)

2002
  • 本部事務局移転(東京・八丁堀)

  • 住宅診断員研修開催

  • 20周年記念式典開催(東京・港区 全日空ホテル)

  • 中間法人に全面移行

  • 「リフォームハンドブック」発行(以後隔年発行)

2003
  • 敬老リフォームボランティア実施

2004
  • リフォーム実態調査実施

  • 新潟県中越地震被災者に義援金

2005
  • ジェルコ総合補償制度スタート

2006
  • プレゼンテーションのすすめ発行

2007
  • 第7期定時総会(東京国際フォーラム)

2009
  • 一般社団法人格となる

  • 長期優良住宅先導的モデル

  • 事業既存住宅等の改修に関する提案が採決

2009
  • 長期優良住宅先導的事業

  • 既存住宅等の改修に関する提案が採決

  • 本部合同委員会開催

2011
  • 東日本大震災に対して義援金の募金活動を実施

2012
  • ジェルコインスペクション講習会トライアル開催

2013
  • 生活者向けリフォーム相談窓口「コレカラ」開設

  • 2013年5月16日付で法人名を変更
    (旧)一般社団法人 日本増改築産業協会
    (新)一般社団法人 日本住宅リフォーム産業協会

2014
  • 住宅ストック活用・リフォーム推進事業を活用し、「性能向上リフォームのためのインスペクション基準」発刊

  • 設立30周年記念定時総会を開催

  • ジェルコリフォームアカデミー開始(ベーシックコース、アドバンスコース)

  • 第1回ジェルコデー実施

  • 国土交通大臣の定める「住宅リフォーム事業者団体」に登録

2015
  • 性能向上リフォーム講習会開始

  • 住宅ストック活用・リフォーム推進事業を活用し、「性能向上リフォームガイドライン(指針)」を発刊

2016
  • 資格制度「住宅リフォーム総合技術者(2級)講習会を実施

  • 全国中小企業団体中央会の補助金を活用し、「ジェルコトータルインフォーメーションシステム(JTIS)」を開発

2017
  • 会員数が設立以来初の500社を超える

  • 7月 経済産業省が贈られるジェルコリフォームコンテスト ビジネス部門がスタート

2018
  • 6月 安心R住宅の事業団体として国土交通省へ登録

2019
  • 7月 女子会初の全国大会「ジェルこまち」開催

  • 8月 業界初の新しい福利厚生制度(団体長期障害所得補償)「みんなのミカタ」開始