会員向けコロナ対策関連情報

For member Covid-19 information

2020/06/30 近畿支部

2020年5月25日 近畿支部 コロナ会議情報交換会

日時:2020年5月25日(月)15:00~16:00

会議:Web形式(Zoom使用)

 

本部 押部より当意見交換会の趣旨説明をした。

出席者  (敬称略)

奥滝工務店 奥滝、リ・スペース 井上 クローバーハウス エスシステム佐々木、

アイビ建築 佐名田、スペースマイン 矢島、事務局 主森、相馬 押部

 

奥滝:1月大阪マイスターの会議でコロナの話をエスシステム佐々木さんから

初めて聞いた。

早めにマスクを安価な時に購入した。50枚入り30箱を3~4ロット

契約頂いたお客様、リピート10回以上のお客様にマスク1箱をプレゼントした。

受注にもつながっている。

ジェルコの懇親会のおかげで有意義な情報を得られた。 感謝!

現場には必ずマスクと消毒液を設置。

靴の裏の消毒もしている。

現場に入る者には自宅での検温を徹底。

情報を早めに入手できたので助かった。

イベントは過去3回中止にしたが、6/15から再会予定

会場には奥様が看護士だったのでその友人も来て、

換気・消毒等のチェックもしてもらい、万全を期す。

井上:消毒は常にやっている。

もともとマスク・除菌関係とかは値上げ前からストックしていた。

フェィスブック等で他社の対策を真似させてもらった。

自社からコロナ患者は出さない決意。

3~5月は内部の工事がなく、外部の工事が多かったので工事が出来た。

内部工事はお客様も遠慮されているので保留の状態。

自社イベントは月末1回で料理教室が3回中止。6月末は検討中。

イベントを希望するお客様はいるが、どうするか悩んでいる。

やるのはいいが、万一感染者がでたらと考えてしまう。

佐々木:特別なことはしていないが、消毒対策は早くから始めていた。

機械で次亜塩素酸を噴霧。

お客様在宅の現場がなかったので、うまく回せた。

来社を希望するお客様には完全予約制で午前1組・午後1組対応

手洗い・消毒を徹底している旨をHPや看板に表示した。

GWからお客様が動き出した。

佐名田:3000枚マスク買ってOBに2枚づつDM出したら、若い方はLINE、ご年配の方はハガキでお礼がたくさん来た。 10万円位かかったが効果があった。

新築1件と大型リフォーム2件は動いているが50万円から500万円規模の「すぐお金になる・儲かるリフォーム」がほとんどない。

給付金10万円を見込んで20~30万円ぐらいのバルコニーの塗り替えやウォシュレットの取り換え等の発注がチョコチョコ出てきた。

新築は断熱・気密見学会を完全予約で、一日1組ではじめたい。

主森:4月上旬マスク6000枚買って、OBと協力会社に配布した。1人20~30枚

今まで連絡のなかったお客様より直接連絡があった

工事はお客様の状況を確認しながら遅れる事なく進んでいる。キャンセルはない。

マスクは3月末に他団体から一斉に購入しようとの話があった。

ジェルコでも大量仕入れで安く買えたらよかったのでは。

 

以下は自由な意見交換会

佐々木:リフォーム頂いたお客様に光触媒のコーティングの除菌サービスを考えている

商流をさがしている。

商売でやるか、安心感を与える為にやるか検討している。

やり方はいろいろある。

主森:関さんがやりだす。(本部:どこの関さんか不明)

加湿器に次亜塩素酸いれて噴霧すれば1年は持つ。

ジェルコ本部で窓口になってくれると嬉しい。

佐名田:35坪で25万円と聞いた。

佐々木:光触媒は5年持って、価格は床で平米1000円切ると聞いている。

佐名田:壁・天井も含めると25万になる

 

佐名田:コロナ後にこの業界の仕事のやり方は変わるのか?

井上 :コロナとは共存していく。消毒やマスクはいいことなので続けていきたい。

若者はLINEできるが、高齢者は難しい 顔合わす事が必要。

佐名田:打ち合わせは客宅?

井上 :お客様に承認頂いたらマスクか除菌スプレーで対応。

シールドまでは持参しない。 パフォーマンスとして必要かも・

人様にうつすのが怖い。 コロナ禍前からやっている。

インフルエンザになったらしんどいから。

佐名田:50万~500万円のお客様からお声がかからない。気づきが遅かった。

皆さんの会社のボリュームゾーンはどれ位ですか?

奥滝:前の会社から売り上げのことばかり考えていた。欲望の毎日だった。60歳でバイクで大けがして死にかけて変わった。 今は無欲の日常。

元ジェルコ会長の谷口さんからは『リフォームはサービス業、地域密着、儲けたらアカン。ミニイベントで何かあれば声かけてもらえば良い。お客様とつながっていれば「来んどいて」とは言われない。お客様にとって命の次に大切な財産を扱っている』と教えて頂いた。 ジェルコが守ってくれたと思う。

OB客をいかに大事にするかが使命。

商売・リフォームはこういったものと70歳になって気づいた。

社長の立ち位置・社員の健康・社員の家族

コロナは我々に教えを与えている

お客様あっての我々。

お客様が助けてくれる会社作りが大切。

昔の話…

メーカーSRは新築志向でリフォーム業者に使わせてもらえなかった。

再三の申し出によりやっとTOTOSRを貸してもらい、その後他メーカーも

利用する事ができた。

ジェルコとTOTOは深い仲、大切にしたい。

息子はTOTOの副店会長。もう少し鍛えてジェルコに入れる。

佐名田:SRが使えなくて困った。SRにいかに依存していたのがわかった。

 

以上